« ディパーテッド | トップページ | 超・高齢出産 »

己の老後

暮れから父と祖母、愛犬が揃って病気になり、病院へ日参している

昨日の新聞に介護疲れの果てに、父を放置衰弱死させたとして、妻と息子が殺人罪に問われた記事が・・

ウチの母も介護疲れで倒れた時があった

他人事とは思えない事件である

少子高齢化は切実で深刻な問題なのに、誰もがそれを真剣に捉えていないのが現状だ

確実に介護地獄の世はやってくる

今の10~20代が、社会の中枢を担う時代になる頃 きっと今では考えられないような法案が通り、年老いた弱者は淘汰される 

例えばこうだ

80歳以上 生産性なし 労働力なし 財産○○○○万円以下

認知症 重病人 年金暮らし

以上の項目に3つ以上該当する者は、安楽死とする

これはあり得ない話ではない

大昔は 姥捨て山(楢山節考)があった

たとえ肉親であっても、自分に重く負担がのしかかれば、共倒れになりかねない

愛おしさよりも責任感や世間体を考え 親を介護する人がどれほど多いことか

キレイごとでは済まされないのが介護の現実

どんなカタチにせよ生き続けたいと思うのが、人間の性なのかもしれない

生きることへの執着心、授かった命の炎が消えるまで諦めない心も大事だろう

でも私は、元気で人の役に立っている老人になれないのであれば、いけないとは分かっていても、なるべく人に迷惑をかけずキレイに自らの命を絶ちたい

余生なんてオマケのような人生なのだから・・

出来うるものであれば 最愛の人と共に・・ 

|

« ディパーテッド | トップページ | 超・高齢出産 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 己の老後:

« ディパーテッド | トップページ | 超・高齢出産 »