« 苦しい昼寝 | トップページ | じわ~っと沁みた »

生への執着

父は今年80

1月 医者から余命数ヶ月と宣告を受け入院していたが、今月酸素ボンベ携帯で退院した

そんな父から昨日電話があった

植木等が自分と同じ生年月日で、病名(肺気腫)も同じで亡くなったと・・

きっと心細くなったのだろう

乳ガン手術を受けたウチのプリンの事をしきりに気遣い 

ことあるごとに病状を尋ねに電話をしてくる

僅かな年金暮らしで、自宅療養 

母の世話になり、その母も最近は良く体調を崩し、父もツライのだと思う

農家の6人兄弟の末っ子だった父は、若くして身を立て独立

事業も成功を治め順調だった時もあったが、晩年は業績も芳しくなく廃業

65からは、大好きな釣りと山の日々を送っていた

今でいうアウトドアの先駆けのような人で、

鮎の友釣りと山菜・キノコ採りは名人級だ

父は 何が何でも免許の書き換えをし、運転したいという強い一念からか、

病状も多少回復し、無事免許更新も済ませた

今は自分の事より、母の体調ばかり気にしている

老いていく両親

誰もが通る道とは分かっているが、考えさせられる日々だ

親戚も少なく、兄弟もいない私に全てがのしかかってくる

まあ それも自分に与えられた運命だから仕方がない

災害や事故・犯罪で一瞬にして、大切な人を失った人達を思えば

なんてこともないことだ

運気が上がるから!と貰った水晶ネックレス(本物だからと念を押された)を身に付け

(ホントはこういうモノを全く信じない私だが)パワー充電!

笑顔で前進あるのみ!

 

|

« 苦しい昼寝 | トップページ | じわ~っと沁みた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えらい
が、えらいこっちゃ
見習います

投稿: とある人 | 2007年3月29日 (木) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生への執着:

« 苦しい昼寝 | トップページ | じわ~っと沁みた »