« ビリーに首ったけ | トップページ | 休憩日 »

超・職人芸

志の輔独演会へ行ってきました

いや~~実にオモシロかった!

落語の素人・通 どちらが聴いても楽しめる カレは正にエンターティナーです

旬の時事問題を上手く取り入れ、古典落語に現代を織り交ぜる妙味

前座を抜かして 志の輔だけで約100分

一つの話は70分(ホントは50分のとこ20分オーバー)

これを全く退屈させることなく、喋りだけで惹きつけるなんて、なかなか誰も真似できるものではありません

漫才は せいぜい20分 

映画やテレビは映像と音楽で間が持ちます

ホントにすばらしい職人芸だと思いました

私が落語に興味を持ち始めたキッカケはドラマ<タイガー&ドラゴン>

宮藤官九郎が、古典落語を現代風にアレンジした泣き笑いドラマ

それから落語の本を読んだり テレビを見たり・・

実に奥深く 飽きることがありません

落語と並行しながら小噺なんかも如何でしょうか?

「姉さん粋だねー」 「あたしゃ帰りだよ」 

ってな感じで・・

 

 

|

« ビリーに首ったけ | トップページ | 休憩日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超・職人芸:

« ビリーに首ったけ | トップページ | 休憩日 »