« 茎を包む!? | トップページ | »

ある美容整形

今日は私の美容整形探訪話を

今から数年前 

情報誌の広告で、無料カウンセリングの言葉に気軽~な気持ちでクリニックのドアを開けた私

受付のオネーチャンを筆頭に

勤めてるスタッフの殆どがいかにも整形!という顔にチョット驚き

ここでの整形はヤバイ!と直感しました

私の相談理由は、足に出来たデキモノの切除と傷跡の修復で

先生にそのことを相談すると 何だか興味のなさそうな顔で

「う~ん治らないことはないですけど、そんなに気にするほどのモノでもないんじゃないですか?」と云われ 「まあそういわれればそうかな~」と心の中で思っていた私に

次の一言が・・

「それより顔 治しませんか?」

「えっ!?顔・・・ですか?」と私

「どこか治してみたいとこありませんか?

「はあー  まあ強いていえば鼻をチョット・・」

先生は待ってましたとばかりに 鼻の絵を書き 

こんなのはどうかと提案

これぐらいだと費用がこれくらいでと 嬉々とした顔で

実に滑らか~に話しだしたのです

何だかな~と内心呆れる私

浴衣を買いに行ったのに 高額な着物を勧められたような感じでしょうか

なんか誠意のない商売根性もろ見えの印象が強く残り

肝心のデキモノの見積もりは作ってももらえず

鼻整形の見積書を貰って帰った無料カウンセリングでした

因みに鼻の整形見積もりは占めて65万円也

(シリコンプロテーゼ注入で鼻を高くし、小鼻を小さくする手術)

でも 本当に顔を整形したい人は あんな医者でも飛びついてしまうかもしれません

整形を望んでる方は、広告の大きさや知名度に騙されず

くれぐれも慎重に病院を選びましょう

  

|

« 茎を包む!? | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある美容整形:

« 茎を包む!? | トップページ | »