« 秋連休 その1 | トップページ | ブーティー »

印度

イヌの散歩中にインドの方に遇いました

なんで分かったかって?

イヌ同士がじゃれあってる間に聞いたんです

この田舎町も随分と国際的になったものです

インドの人口は11億人強

その半数が25歳という とても若い国です

現在 中心部は目覚しい成長を遂げていますが

まだまだ貧困の差は激しく 格差是正は難問だと思います

大体 カースト制度なんて、昔の日本の士農工商のような

おかしな制度がなくならない限り無理だと思います

都市部の中堅層の月給が日本円で約45万円

(一部のIT関連は、その23倍)

インド貧困層の日給は約60

(夫を亡くし 子供5人を抱えるある母親の日給はたったの7円でした) 

貧困層は人口の7割以上になります

宗教国ですが 神に祈っていても豊かにはなれません

B型が人口の4割を占めるというのも特徴的です

マイペースにガンジス川でヨガなんてしてるんですかねー

インドの教育方法は とてもハイレベル

でも その一方で貧困層は教育も受けられず、識字力も低いのが現状です

今の日本で、読み書きの出来ない人なんて皆無だと思います

非常に魅力もあり危険もあり 複雑怪奇な国 印度

だから インドにハマる人は、思いきりハマるんでしょうか

|

« 秋連休 その1 | トップページ | ブーティー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印度:

« 秋連休 その1 | トップページ | ブーティー »