« 個性派!? | トップページ | 眠子 »

歯医者受難時代

歯医者って大変なんですね

リッチなイメージなのに、今や二極化だそうです

(平均年収800万 内訳1000万以上か、5人に1人は300万以下)

歯科医院はコンビニの数より多いそうです

たしかに私の徒歩5分圏内にも4軒あります

年間2000人の歯科医が誕生するのですが、

大病院等の受け入れ先がないので、殆どが開業を余儀なくされるそうです

当然 患者争奪戦は必須

その上 診療点数は何十年もずっと上がらず、不正請求には厳しいチェックが

お金持ち相手に自由診療で稼ぐ歯医者は生き残り

貧乏人相手に保険診療内が主体の歯医者は、評判と腕がないと厳しい状況

歯医者の評判ほどアテにならないものはありません

痛くなかった

優しかった

治療が早い

女性スタッフがキレイ

技術うんぬんよりも、ソフト面が評判の良し悪しを決めているようです

たしかに選ぶ基準なんて、広告や雰囲気、評判、近さが殆どです

80歳まで20本残す為にも

なるべく歯医者にかからなくていいよう、日々のケアを大切にするのが一番ですけどね

そうすると ますます歯医者は大変!? 

|

« 個性派!? | トップページ | 眠子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者受難時代:

« 個性派!? | トップページ | 眠子 »