« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の記事

2・29

閏年の2月29日

単なる暦の調整日と思ってしまうと寂しいですが

4年に一度

そう思うと何だか今日を思い出深い一日にしたいと思いませんか?

夕べ お客さんとスタッフが見たテレビでは

今日 女性から愛を告白されたら断ってはいけないんだそうです

断った場合は罰金なんだとか

なんとも不条理な・・・

今日に照準を合わせてコクるなんて、念がこもってそうでコワイコワイ

あと残り9時間

なんか劇的な出逢いや出来事でもないかしらん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凍夜

憂い嘆きし 凍みる夜 せめて楽しむうたかたの夢

わたしだって涙する夜があります

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阿蘭陀

オランダでは、ズル休みが法律で守られているそうです

一生懸命に仕事するのは、カレらにとっては<バカ>と同じ意味で

この価値観を他人にも押し付け、マジメに仕事する人は<犯罪人>呼ばわりされ恨みをかうそうな。

部下がミスしても注意することは許されず、命令を聞かすことも出来ません。

学校で子供はどんな誤った答えを出しても

「君は間違っている」と絶対いわれない教育方針になっている為

反省とは無縁の国民性になっています

一瞬で消えてなくなる食べ物にお金をかけるのはムダ

代わりに家や家具・洋服にはお金をかけるのだそうです

オランダ人の特徴は

ケチ 所有欲が強い 身勝手 権力意識と自己主張が強い

自制心と公共の倫理観に欠け 怠け者 責任感ゼロで自己正当化 他人の悪口大好き

妬みっぽく 恩はすぐ忘れ損害は一生忘れない 無類の拝金主義

まあなんともスゴイ国民性です

これを書いたオランダ在住12年の日本人ビジネスマンの主観が、

正しいのか偏っているのかは定かではありませんが、

風車の国オランダへのイメージがチョット変わりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ無銭飲食男

夕べフリーのお客さんが・・・

かなり酔ってる様子でしたが、スタッフが接客

ほどなくしてスタッフから<ヘルプミー>と耳打ちが

選手交代

相当に酔ってるその人は、全く会話が繋がらず

一人でブツブツ云ったり怒鳴ったり、下劣な言葉を吐いたり

ゴメンと謝ったりという感じでした

「人生は一度しかないんじゃ!!オマエらにはわからんやろいや!」

と吠えてました

どうもキャバクラのオネーチャンに邪険にされ

ボッタくられた様子

燗酒を飲んでいたのですが、お代わりは要らないというので

水をススメたら「水なんか飲めるか!」と云われたのでそのままに

しばらくすると 付き出しの器を盃と間違え飲みだし

「それは食べ物ですよ」と云ってもなます入り器をグイグイ

(中身は食べず飲む真似だけ)

何気なく器を下げると 次は灰皿をグイグイ

こういう人を邪険に扱うと器物破損や危害の恐れがあるので

ひたすら笑顔で応対

そしてようやく会計へ

出したのは2000円

あの~足りないんですが・・・と云うと

取りに帰るというので、このまま消えられても困るので

諦めて2000円だけ頂きました

カードは持ってない様子

たしかに財布はスッカラカンに見えました

演技ではなくホントに泥酔だったと思います

(あれが演技なら演技賞もんです)

何があったかわかりませんが、そんなになるまで飲んで潰れて

何だか憐れに思ってしまいました

でも もう二度と来ないことを願っています

これってプチ無銭飲食!?

まあ ツケてトンズラする人よりマシですが

14年間で初めての経験でした

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飲食店の集い!?

夢二と愛人・彦乃が逗留した湯涌温泉へ

金沢市

内とは思えない雪の深さ

「私達とうとうここまで来ちゃったのね・・・」

窓から雪景色を眺めながら想いに耽る愛人ヨーコ

「風呂行きましょ 風呂!」

M子の淡々ツッコミが

そうだ 私達は団体だったんだあ

スタッフを迎えに行った時

何度かけてもH美ちゃんが電話に出ません

あれ~どうしたんだろう

リダイヤル

出た

H美「すみませ~んシャワーしてましたあ」

私「今から温泉行くのに~?

H美「洗濯してたら ついでに自分も洗いたくなっちゃって」

一同爆笑

行きから笑わしよるH美ちゃんワールドは寝るまで炸裂でした

私は一番に目覚め風呂へ

脱衣所にはブラジャーやタオルが散乱

露天風呂にはビールの空き缶が・・・

ここは小さな旅館

やはり散乱の主はH美ちゃんでした

寝る時も、風呂から部屋へ倒れこむように入ってきて

布団まで辿り着けず 壁にアタマをぶつけそのまま寝てしまい

他のスタッフが布団へ運んだのだとか(私は既に夢の中)

本人曰く めっちゃ酔ったのは「魔王のチカラですよ」の事

<ウコンの力>なら元気だったかもしれないけど・・・

まあ とにかく楽しい宴でした

 

ウンポコ会の皆さん ありがとうございました

Img_2904

| | コメント (3) | トラックバック (0)

また手抜きだしー

今年初のG1も予想しなきゃだしー

今からスタッフと温泉だし

時間ないしー

なんもなしー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カウンターへ行けば?

食べ物屋のテーブルに横同士で並んで座りながら

料理が来るまでイチャイチャ

カウンターはいっぱい空いてるんだから

そっち行けばいいのに・・・

スエットの上下にサンダルというヤンキー姿の

あまり若くない二人

| | コメント (1) | トラックバック (0)

すりこみオババ

スポクラのスチームサウナには、どっさり塩が置いてあります

今日のオバチャンはスゴかった!!

ソフトボールぐらいの塩をシャベルのようにすくい

カラダ中に擦り込むすりこむ

アンタは水戸泉か!

いくらタダの塩だからって そんなに・・・

肌傷めまっせ

漬物なら塩もみすれば発色よくなりますが

人間はね~~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

虚ろ

オツムがポヨヨ~ンとしてます

思考回路停止中

| | コメント (3) | トラックバック (0)

数多の恋愛

数多の恋愛をした私ですが

一人だけテキトーに付き合っていた相手がいました

互いに丁度 本命不在で、昔から知ってる間柄だったせいか

すんなり一緒に遊ぶようになりました

恋愛というよりは、友達という感覚

ほどなくして どちらからともなく元に戻りました

寂しさを紛らわす為に、付け焼刃で誰かと付き合う。

私にはない行為です

あの時は、どうしてそうなったのか自分でもわかりません

結婚には何の魅力もメリットも感じない私が

万が一 結婚する事があったら

仕事に疲れ逃げたか、最適な人が現れたかのどちらかだと思って下さい

最愛と最適は違います

最愛って 「その時期 最も愛していた人」 「今までで一番愛した人」

どちらだと思いますか?

後者だと 今後また最愛の人が変わる事もあります 

順番なんてつけられません

その時は、どの人も 互いに一生懸命愛し合った人なんですから

あとどれだけ 深い恋愛が出来るんでしょうか

もうなかったり・・・して

| | コメント (3) | トラックバック (0)

恋は結婚のあとに

性風俗乱れまくりの現代

これは今に始まったことではありませんでした

フランスの貴族層には「結婚は恋愛のあとにするもの」という不文律があったとか

家柄や財産の為にする結婚なので、そこに感情は存在しません

出産後 夫婦は寝室別々 部屋も遠く離れ、お互い別の入り口から

好き勝手に他の男女を導きいれ 情事にふけるのが常でした

当時 妻をホントに愛してしまった夫を<妻を愛人にしてしまった>と批判する

本がありました

これはカトリックの「結婚はあくまでも子孫を残すためのものであり、

夫婦であってもセックスの快楽を感じることは罪となる。妻を愛人にしてはならない」という規定からきています

夫婦の性愛が禁止され 婚外セックスも原則禁止じゃ

どこで発散するんでしょうか?

それは

セックスは汚らわしい ゆえに汚らわしい事を汚らわしくない妻にしてはならない

。汚らわしい事は汚らわしい相手 すなわち愛人とすべきなのである

すっごい考え方ですねー

こうして婚外セックスは半ば公然と行われました

では 妻のほうはどうなのでしょうか?

妻にやりたい放題やらせてるのを公認してしまえば、

寝盗られ夫のマヌケな汚名をきせられてしまいます

そこでこんなフィクションを作り上げたのです

妻には色んな男達が寄ってくるが、妻は男達の愛だけは受け入れるが

肉体は絶対に許さない。

求愛する男達が詰めかけるのは、妻が美しいことの証明となり

その男達とフランクに付き合える自分(夫)は、妻へ深い信頼感を抱いている証となり

ひいては自分への高い評価へと繋がる

と まあ まこと都合のいいフィクションを仕立て上げ

妻も表向きはそれを装い、裏ではやりたい放題の日々を・・・

これが俗にいう社交界です

日本では夫が、妻は浮気をしないと思い込むほうが精神的に楽なので

フィクションを信じる風潮が・・・

太古の昔も今も 乱乱乱  

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

私的終末論

午後から右胸の精密検査へ

先日の左胸乳癌とは全く無関係で

数ヶ月まえから断続的に痛みがあり

今年に入ってから頻繁に起こるので心配になり

色々と検査中です

私は、出来れば長生きしたくないという持論があります

でも健康で生きていたいとは思っているので

体調管理には気をつけています

今日は前出の<長生きしたくない>持論をば

『元気で長生き』の方は素晴らしいと思います

けれど正直思うに、ある程度の年齢を過ぎてから そんなに楽しみってないと思います

その年齢は人によって違いますが 80歳を過ぎてからは特に

本人の意思に関わりなく 与えられた命を大切にとか 生への執着が

長生きへと繋がっている。そんな感じではないでしょうか?

つつがなく日々を暮らし あとはお迎えを待つのみ

私が法律を作れるのであれば

ある年齢に達した人(例えば70歳)は、そこで一度 免許書き換え講習のようなものを受け

心身共・社会的にも貢献というか価値がありそうな人や

まだ死なないで欲しいと願う人が多くいる人だけ延命でき

何年後かにまた講習を・・・

それ以外の人は、事前に希望する死に方を選択し

あの世へ旅発つ準備をして、最期の時を迎える

これは、老老介護の果ての殺人や自殺の減少

国の老人医療負担の軽減にも繋がり、

深刻化している老後の悲惨度を減らす一助になると思うのですが

期限を区切れば、人はもっと頑張るし努力もすると思うし

周りもあの人はそろそろお迎え時期だという心構えが出来ます

やみくもに延命すればいいってもんじゃないのは

皆 感じていることだと思います

認知症の果ての死は 一番望まない終焉です

明楽笑生

| | コメント (3) | トラックバック (0)

メイソウ

お気に入りの曲を聴きながら

頬づえをつき瞑想

人生も常に迷走 

瞑想から寝入りそうへ

休日ブログは、中身も休み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とっても笑顔がイイのに あんまり笑わない人

もったいない

つまらなく、辛い日々でも常に笑い顔をしてると

自然にココロも優しく温かくなってきます

ムズカシイ顔 無機質な顔をしてる人が多すぎる世の中

外は冷えていますが

心の芯まで冷やさないように

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モテモテ

友人&お客さんのような間柄のS

県外という事もあり 音信は年に数度

久々に電話があり、何やら嬉しい悲鳴をあげていました

どうにも困るぐらいモテて、女難の相が出ているようだと

ここ数ヶ月で言い寄られたオネエチャンは数多

欲や得でアプローチしてくる派と

ホントに好きでアタックしてくる派に分かれてるようです

S氏は妻帯者 年齢50手前

仕事もバリバリ出来・賢明・話も上手・オシャレ・容姿もなかなか○

世の中のあらゆる事に精通し、人生も波乱万丈

強いていえば お酒に関してだけは学習能力がなく

何度となくカラダを壊しながらも

懲りずに日々 銀座の街を彷徨っているようです

女性からは

とても魅力的に映るんだと思います

現在は、自分好みの3タイプから言い寄られ

どれもムゲに出来ず、我ながらコスイおやじだと云ってました

先日はオネエチャンから

「○○さんは、どうして私をお持ち帰りしてくれないの~?」と甘えられたそうな

私が「お持ち帰りか~ 店でそれチョット使ってみようかな」というと

「年齢的にムリがある!」と一言

た・たしかに・・・

ていうか云いません

持ち帰りOKされても困りますからーーー

オネエチャン達は酔ってるせいもあり、道で抱きつきキスを迫ってくるそうです

たしかに女性の場合は そういう体当たりという術が

生まれつき備わっているのかもしれません

S氏曰く 手を出すのは簡単だけど、あとあと面倒だから

機嫌を損ねさせず帰すのが大変だと云ってました

「つうか浴びるほど飲んで、薬物も使わないのにH出来るわけねえじゃん」と本音を

でもって 相手からは勝手におくてで意外に純とか思われ

一層イメージアップ

こんなにモテるのは何か良くない事の前ぶれだと心配そう

私は「ブームか流行り病みたいもんだから スグに去られるし大丈夫だよ」

と曖昧なフォローを

モテるかそうでないかも、二極化が進んでいるんでしょうか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雪降る朝に告

雪降る朝

乳癌の精密検査結果を聞きに病院へ

去年の秋に受けた健診から4ヶ月強

ようやく白黒ハッキリする日が来ました

待つこと45分

本も携帯もテレビもない待合室は、とても長く感じられました

不安な気持ちと大丈夫!という気持ちが交錯し

まるで受験生が合否発表を待つ気分でした

人生今まで、肝心な事は当たらず 良くない予感ばかりが当たり

今回もまた・・・

診察室へ通され医師から告げられた言葉は・・・

「異常はみつかりませんでした」

PC画面上にも、検査結果通知が表示され「異常なし」と記されていました

ヨカッタ・・・

その言葉しか思いませんでした

結局 デキモノは乳腺腫(良性のデキモノ)だったそうです

放っておいても問題なく そのうち消えるか大きくなるかは個人差があるようです

稀に悪性に変わる場合があるので 

毎年定期的に検診することを勧められました

とにかく安堵したバレンタインデー

バレンタインよりバランタインで、乾杯したい今宵です

心配して下さってた方々へ  なんもなくて一安心!

また大いに飲みましょう!

ご心配おかけしました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ちょいヒリ

座っている時 何だかオシリに違和感を感じました

擦れた感覚

何だろ?

おそるおそる手をやると・・・

尾てい骨のチョイ下の皮がめくれてる感触

何でこんなとこが?

寛平ちゃんじゃあるまいし

「かい~~の」とかって柱に擦りつけるはずもないし

パンツのくい込みもないし

擦りむける原因が見当たりません

う~~ん謎です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連休2

ちゃんこ鍋をしようとスーパーへ

ニラがいつもの3倍の値段 残り1

ネギも売り切れ

鳥ミンチも売りきれ

8時過ぎだったから仕方ないとはいえウググ・・・

敢え無くチャンコ断念

庶民の味方だった、安くてパワーたっぷり野菜NO.1だったのに

ニラの高騰は中国餃子と何か関係があるとニラんだ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな風に見えるのかなあ

『それでも飛ぶのです』

ウチのトイレに飾ってある絵と文字

超・とんがりの山から、背中に羽をつけた人間が飛ぼうとしているさま

長年勤めてくれたスタッフが、昔 誕生日にくれたもの

ずっとその意味がよく分からず ただ飾っておいた作品

ここ一年くらい前から 何だか見えてきた

彼女にはワタシがそう見えたのかもしれないと

チャレンジャー!?

無謀?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休の朝

雪の舞い散る夜はスキだけど

雨降りの夕暮れはキライです

今朝は久しぶりの晴れ

やっぱり青空は気持ちを明るくしてくれるから大好き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

云ってることとやってることが・・・

『去華就実』 

最近知った四字熟語

華やかなモノを捨て去り、実に就く

<見た目より中身を磨け>ってな意味だそうです

オレはこの言葉が好きなんだーと云っておきながら

慇懃無礼な泥酔オヤジでしたが

口だけかよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食談

今宵はフードピア(食談)に行ってきます

金沢ではもう何十年も続いているイベントで

文化・芸能人と各参加店にて、食事と歓談を饗する宴です

私は藤巻潤さんと中華の夕べ

若い方は知らないと思います

私もカツラかなんかのCMぐらいしか記憶がありません

大昔は<ザ・ガードマン>に出演していた俳優です

食談って、どんな感じなんでしょうかね~

お客さんと同伴で食事しながら、話してるとのは違い

ちいとばかし気取った感じ!?

まあ いつものペースで楽しんできます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧食

昨日の昼ごはん ぷりん1

今日の昼ごはん みかん1

今週一度もまともに料理を作っていない

眠れるが食べたくない

どうしちゃったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始める・続ける

<継続は力なり>は、聞き飽きたくらい良く聞く言葉です

一週間筋トレをサボっていたら、あっという間に体重が減ってしまいました

太るのも困りますが、貧相なのも・・・×

50・60・70歳になってから ピアノを始めた ダンスを始めた

習い事は何でもいいんです

それを見た周りの人が

「その年になって今更 そんなもんしてどうするや?」と一言

でも1年・2年・3年後 ちゃんとピアノが弾け ダンスが踊れるようになっているんです

自分は何もせず ただ人に云うだけの人が、一番イケてない事にも気付かずに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史における 巨乳vs微乳

巨乳と微乳というのは、その時代背景と関係するという面白い話を読みました

実際に<乳房史>というジャンルが社会史にあるのだとか

飢餓の時代は、授乳に適した巨乳が良しとされ、

嫁選びの最大チェックポイントだったらしく、

オッパイは、エロチックの対象ではなかったそうです

まあ古代は 皆がほぼスッポンポン状態だから

欲情部位ではなかったんだと思います

そして文明が発達し、飢餓が薄らぐと、巨乳は価値をなくし

微乳が称賛され、ブラブラと垂れ下がって揺れるオッパイは

蔑視され、乳房自体を隠そうとする風潮が広まったそうな

でもってまた戦争とかが起き、国が滅びかかると

巨乳の価値があがったそうです

宮廷文化が流行った12世紀頃になると

固く引き締まった小さな乳房が、芸術家や文化人に崇拝されたとか

この本 かなり哲学チックなので

私なりにかんたるく図式化してみました

あくまでもヨーロッパの話ですが

生活に余裕がある⇒セックスが生殖目的じゃない⇒快楽追求型

快楽追求型=長期母乳を避ける∴ 巨乳になりづらい

キリスト教浸透 セックス=罪悪  処女崇拝=初々しい微乳

というわけで約800年近くは  微乳=○ 巨乳=×

だったそうな

そして近代

哺乳瓶の発達により 男の子は母親のオッパイを吸える期間が

短くなり、巨乳への潜在的飢餓感を抱くようになったのだとか

これはマリリンモンローらの時代

しかし 現代の日本においての巨乳流行りの理由は

当然飢餓とかではありません

母性を表さない<少女の肉体に巨乳>という

アニメなどからの影響が大きいらしいようです

アンドロイドみたいな叶姉妹のオッパイとか

AV女優の人気系も、あどけない顔・スレンダーなカラダに胸だけビッグカップ

乳房と時代背景が関係するなんて 

意外な考察を知りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆まかれ男

昨日 節分はイチローくんの誕生日

メールを送ったら 今部屋の豆を掃除していると返信が・・・

「アンタ誕生日に一人で豆まきか?」と返すと

「友達が誕生日祝いに豆を撒きまくってった」と云ってました

節分が誕生日だと、そういう洗礼!?を受けるんですね

性格はち~っともマメじゃないんですけど

はよ彼女つくれよ  一度もオンナの影を見たことがない

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心地いい~

お客様から頂いたチケットでコンサートへ行ってきました

中西保志とOEK(オーケストラアンサンブル金沢)のコラボ

中西保志さんて<最後の雨>くらいしか馴染のない人でしたが

これがどうしてなかなか☆☆☆

(見た目はアダモステ~の人に似てましたが)

一般の人が知っている曲のカバーで

バレンタインにちなんで ラブソング系が主

オーケストラをバックに歌うのってホント気持ち良さそうでした

音楽堂コンサートホールの造りも、モダンだし音響も良く

最近では当たりのコンサートでした

やっぱ生はいいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポークスープ!?

豚汁生活5日目

一人なんだから少なく作ればいいものを

どうも大鍋で作りたくなってしまうんです

当然 毎食豚汁付き

これで3ヶ月は作らないと思います

未だに 豚汁とメッタ汁の違いがよくわかりません

で調べたら

メッタ汁って、石川だけの呼び名なそうな

要は豚汁と同じみたいです

やたらめったに色んなモノを入れるからメッタ汁なんでしょうが

私には滅多に作らないからメッタ汁って感じですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~てみる

もう2月です はやっ!

といいつつ、話は一日前に戻り

昨日は<愛妻の日> 1がIで 31がサイ だそうです

<日本愛妻家協会>なるNPO法人も実存

http://www.aisaika.org/index2.html

そこに書いてあった<テミル(~してみる)原則>

やってみる  妻が喜ぶ家事ひとつ

出してみる  気付いた時の感謝の言葉

聞いてみる  世間話ときょうの出来事

捨ててみる  見栄・照れ・建て前・世間体

なってみる  恋した頃の触れ合う気持ち

わかっちゃいるけどなかなか実践はムズカシイようで・・・

テミル原則は、付き合いの長い恋人同士にも当てはまります

まあ 愛が醒めてちゃ<テミル>気持ちにもならないかもしれませんが・・・

でも何事にも<~てみる>ってのはイイかも!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »