« 愛情含有率300% | トップページ | 週末の朝 »

66年経過

北方領土問題で友人とプチ論争になりました

特にこの問題に関心があったわけでもないのですが(どちらかというと無関心!?)・・・

66年経った今も解決しない難題

日本人は領土ということに馴染みが薄いので尚更かも

2島ずつ分ければ」?とか、「経済的解決を図れば?」と云うのは易し、現実は難し

私は「ロシアは返さないと粘って住み続けちゃってるんだから、高く売っちゃえばいいじゃん」と単純発言

「アンタみたいに自国の領土を簡単に手放すような考えの人間がいるからダメなんだ! 防衛を考えたら北方四島を手放すべきではない」と糾弾されちゃいました

日本側は「条約で決まっているのになんで返さないんだ!」

旧ソ連側は「戦争で負けたくせに何云ってるの?勝てば官軍だ!」

とまあ こんな感じで、認識の違うもの同士が話し合いをするのですから、相容れるのは大変だと思います

親しい友人とでも、見解の相違で論争するくらいですから、国同士となれば殊更 スムーズにはいかないのは当然

でもそれを何とかするのが外交ちゅうもんです

この複雑に絡まった糸はいつになったらほどけるのやら

|

« 愛情含有率300% | トップページ | 週末の朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 66年経過:

« 愛情含有率300% | トップページ | 週末の朝 »