« 住民に選択肢を | トップページ | 聞くチカラ »

気にしすぎ

先日テレビで、放射性物質の専門家がこんなことを云ってました

今現在の放射線量を毎日12時間(ずっと屋外にいる人はいないので)浴びたとしても、発ガン率は極めて低い

放射線を浴びてる仕事(レントゲン技師や原発関係者)の人の発ガン率は、普通の人より低いというデータがある

一般的に、活性酸素(運動やストレス・タバコ・飲酒・放射性物質 他さまざまな要因)は、カラダを錆びさせ発ガン率を高くすると云われているが、ある程度の活性酸素がないと、免疫力が弱まり、余計発ガン率が高くなる

だから現時点での放射線量は、全く日常生活に問題がない

この専門家は、IAEAにも属していて、以前から今の厳しすぎる数値設定はおかしいと唱えていたが、権力の固まりには勝てず、それを覆すことが出来ないのが実情だと云ってました

この専門家自身、仕事柄ずっと微量の放射線を浴びてきたが、25年経った今も健康だと云ってました

私たちは放射性物質について無知だから、なおさら過剰反応してしまうんだと思います

こういう報道を多くしたほうが、安心感があると思うのですが・・・

|

« 住民に選択肢を | トップページ | 聞くチカラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気にしすぎ:

« 住民に選択肢を | トップページ | 聞くチカラ »