« 五月蝿い | トップページ | オペ »

いきなり手術

足の手術をしました

いつの頃からかデキモノができ、徐々に成長していたのですが、痛みもなかったので何年も放置していました。

それがここ半年ほど前から、時折痛み出したので皮膚科と形成外科をしている病院へ行きました

ネットで評判を調べ行った病院でしたが、淡々とした感じの医者で、ちょこっと見ただけで、「切りましょう」と云われました。

小さな手術とはいえ、初めてメスを入れるわけですから、多少の不安があります

ここからは医者とのやりとりデス

ワタシ「あの~傷痕はどれくらいになるんですかねえ」

医師「傷痕なんて気にしてどうすんの!このまま放っておいて、もっと大きくなって悪くなるのと、キズ残っても治るのとどっちがいい?」とかなり高圧的口調

ワタシ「はあ まあ・・・」

結局考える猶予も与えられず、手術する方向になり

医師「手術日決めますから、余程のことがない限りキャンセルしないでね」

ワタシ「はあ わかりました」

(何だか感じの悪い医者だなあ)

こうして手術日前日までどうしようか迷いながら過ごしました

以前に他の病院でも診てもらったのですが、そこは「様子を見ましょう」と云われ終わりました

この続きはまた明日

|

« 五月蝿い | トップページ | オペ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきなり手術:

« 五月蝿い | トップページ | オペ »