« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

霜月ラストサンデー

寒くなったり暖かくなったり

女心より移ろいやすい冬真近のこの時期

今宵は牡蠣入り湯豆腐と和風味ポークソテー他

だ~いぶ前に録画してあった<ゴールデンスランバー>を鑑賞

う~~ん いまサンです

酔って観てても面白くないんですから、これ劇場で観てたら・・・

年賀状印刷も終わり あとは手書きメッセージだけ(でも800枚あるんだよね~)

今年は震災への配慮で、賀詞なしが多いんだとか

ウチは数年前から賀詞なしなんで、まあ今更って感じですけど

もうあと数日で師走・・か はやっ

Dsc_0180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド煙草

インドのお土産にタバコを頂きました

ケースは紙を巻いてあるだけ

タバコも葉っぱを巻いて赤い糸で留めてあるだけにみえます(きざんだタバコが入ってるようにみえません)

1箱20本入りで約7円!

短い細い!思いきり吸ってないとスグに消えてしまいます 

親指と人差し指でつまんで吸うのがピッタリな小ささ

味は日本のタバコとは別物です

雰囲気的には大麻とかっぽい感じですが、ただのタバコ

パッケージは、インドではメジャーな神<ガネーシャ>がデザインされてます

そういえば数年前大ブレイクした<夢をかなえるゾウ>もガネーシャでした

面白い本でしたが、今は話題にもなりません

先週のボージョレ・ヌーボーも店では 全く話題にならなくなりました

まだ1週間しか経ってないのに・・・

インドのタバコ吸ってみたい方 お店に置いてありますのでどーぞ

Dsc_0174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これプリンじゃないぞ~

スーパーで、北海道産 生乳100%濃厚プリンを買いました

カタチが面白かったのでついカゴに入れちゃいました

4個880円

ゴム風船の中にプリンが詰めてあり、食べる時は ハサミで切って中身をニュルッと搾り出す感じです

大昔 こんなカタチのアイスクリームがありましたよね

でもこのプリン 味がイケません

全くプリンじゃない チーズに近い味 それも何となくゴムくさい

まだあと3個あるんですが、ピクリとも食指が動きません

Dsc_0176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勤労に感謝する日

時間を追うごとに風が強くなってきてます

昼間 信号待ちで、マンションのベランダのバスタオル5枚が、90度に超バタバタしてました 鯉のぼりならぬバスタオルのぼりデシタ

今にも洗濯バサミ(ピンチ)から取れそうなほど・・・

ピンチなだけにピンチ!?

必死にしがみついてるタオルを見て、「ガンバレ!」と心の中で声援を送っていました  家主さん早く帰ってきてあげて下さ~い

今夜半からかなりの強風だとか

今宵の晩ゴハンは、久々のニンジンしりしり 他7品

どうしても酒の肴系になっちゃうんですよねえ

Dsc_0180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみゃ~げ

今日のおみや

名古屋だぎゃあ

坂角の<さくさく日記> ういろうで有名な青柳の<かえる饅頭> みそたま

Dsc_0174_2

Dsc_0176 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ココロに龍

ブータンでは、来年の干支<龍>はとても神聖なイキモノだそうです

龍はココロの中にいて、経験を食べて成長するんだとか

たしかに何事も経験は大切!

でも経験測に頼ってばかりいると、新しい発見に気づきにくくなるような気もします

私のココロの中の龍は、どんな風に成長してるのかなあ

レントゲンに映ればいいのに・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裸のジイさま

巨人清武球団代表の解任

ナベツネの横暴 傲慢に開いた口がふさがりません

震災直後の、セリーグは開幕する!という狂気暴言で、呆れたジジイだと思ってましたが、またか!って感じです

権力に対して何にも言えない周りも周りですが・・・

N島氏もH監督もメチャメチャお世話になってる立場上 何も言えません

何でもかんでも自分の思い通りになるのが当たり前だという体質になってしまったんでしょうねえ 

儲け至上主義が血の中まで入り込んでる、哀しい人です

Y売内部も北朝鮮と変わらない!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初物好きニッポン人

11月第三木曜午前0時を待って(ホントかなあ)ボージョレ(ボジョレーじゃなくてボージョレが正しいそうです)・ヌーボー振る舞いワインしましたあ

「各国の現地時間で午前0時になったら飲んでいいぞ!」という おフランス政府の厳しい~~お決まりに従い??うやうやしく・・・

今年は4種類をご用意

なかなかの出来にございました 

BNは、普通の赤ワインと製法が違うので、チョットだけ冷やして飲むと一層おいしゅうございます

あと一ヶ月もしたら、ダーレも見向きもしないんだろうなあ

ホントに旬すぎなワイン

振る舞いワインは、なくなり次第終了ですので、お早めに飲みにいらして下さいね~~

Dsc_0163

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぼちゃの季節!?

意味もなく頭に<燿>カボチャを乗せてパシャリ

お客さまのリクエスト!?

Dsc_0166

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラスクと暮らす?

久々に今日のおみや

チョコラスク

最近 東京じゃラスクばやりなんですかねえ

ありがとうございま~~す

Dsc_0152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

几帳面すぎる夫!?

友達のダンナさまは、ノートパソコン、コピー機、ドライヤー、ケータイの充電器などなど 使い終わる度に、線を抜いてキレイに縛ってあるんだとか

毎日使うのに、その度に片づけるので、共有で使ってる友人は「めんどくさくて困る!」とぼやいてました

以前は梱包時の箱にまで入れてたそうです

じゃあ服とかも脱ぎっぱしないの?と訊くと

もちろん!だそうです

不精なのはイヤですが、きちんとしすぎる伴侶ってのもビミョー

まあズボラな友人には丁度いいかも!?

今月のネイル

シャンパンロゼ色

Dsc_0134

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クリの砂糖煮

タイツを買いに行って、お気に入りが品切れ

まっすぐ帰ればいいのものを、クツを買ってしまいました

タイツがクツに化け散財

あ~~~

今日のおみや

トルコ帰りのお客さまからの、トルコ産マロングラッセ

世界遺産  カッパドキアの洞窟ホテルに3泊他計10泊されたそうな

羨ましか~~~~

ワタシは、店に飾ってあるカッパドキアを模したワインボトルを眺めて行った気分

Dsc_0143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑溢るる

セレモニーホールから火葬場へ向かうと、職員の方々が深々と頭を下げて迎えて下さいました

その中の一人が もろ・・・ズラ

悲しみにくれる遺族なら、そんなことも目に入らないでしょうが、私は極々平常心だったので、冷静に見つけてしまいました

ドリフのコントじゃないんですから、神聖な場所にあの方の配属はいかがなものかと・・・

骨壷に骨を納めるとき 叔父がイッパイ詰めようとして、母が止めてと言うのも聞かず詰め込もうとするので、「詰め放題じゃないんだからやめまっし」と一言

職員の方は長年従事されてるからか、骨の状態で寝たきりだったとか色々とわかるそうです 

セレモニーホールの民間職員と違い、全体的にビミョーに雑だったのは、競争相手がいないからでしょうね~~

最期を迎えるにはふさわしい 緑溢れるとても美しい景色の場所でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葬儀考

今回の父の葬儀では、多くのことを学びました

棺の値段のピンキリにビックリ!

五面彫刻の最高級クラスは100万~ ただの木の棺は5万円

どうせスグ燃やすのに・・・

ウチは故人の意思で、とにかく簡素に!との事だったので、その通りに済ませました

喪主や近親者に会社員や名士がいたり、親戚が多いと、焼香や弔電の順番

中陰の席など気遣いが大変で、悲しんでいる余裕がないと聞きます

その点 ウチは楽でした

私の葬儀への考えは、出来うる限り 本人の意思に沿うよう見送ってあげればと思っています

でも実際は、用意周到に準備し、自分の終末を迎える人はまだまだ少ないと思います

今は<終活>なる考えが普及し始めたばかりです

斎場で父が荼毘に付されてるあいだ(1時間ちょっと)、母と叔父に祖母の葬儀について質問をしました

祖母は70年近くある宗教に入信しています 全然メジャーな宗教ではなく、石川県でもそこの信者はウチのバアチャンくらいしか知りません

総代を務めるほど熱心な信者ですが、ただの一度も近親者や友人に入信の勧誘をしたことがありません

私は無宗教ですが、もし自分がイイと思う宗教に入っていたら、親しい人とその良さを分かち合いたいと思い、入信をススメるかもしれません

おいしいラーメン屋を見つけたら、友達にもススメるのと同じ感覚!?(なんか違うか・・な)

で話は戻って、母と叔父に「バアチャンは何の宗教で見送って欲しいんかね~?」と質問すると、「そんなこと考えたこともなかったなー 浄土真宗でいいと思ってた」と一言

たしかに無宗教ならば それでもいいと思いますが、祖母には長年信仰してる宗教があるのですから、そこで葬儀をあげるほうが本人は嬉しいのではと思いました

実際祖母は、仏壇にはたまに手を合わす程度でしたが、神棚には朝晩念入りに拝んでました

祖母が死んでからじゃ本人の希望が聞けないので、母と叔父に、何気なくリクエスト?を聞いてみるようススメましたが、生きてる時にそんなことは聞けない!と云われてしまいました 死んだら聞けないんですけど・・・

齡90の祖母 正直いつお迎えがきてもおかしくありません

私は自分の最期は自分で決めておきたいです

こんな結婚式を挙げたい!と思うのと同じで、こんな葬式にしたい!と思うのも悪くないと思います

葬儀について考えるような歳になったんですねえ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昇天

秋晴れの穏やかな日

父が他界しました

5年半もの闘病生活から解き放たれ、今頃あの世で友達と再会し 好きだった釣りでも楽しんでると思います

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »