« パプリカだぜい | トップページ | July »

鏡・りんご・小人といえば

<スノーホワイト>観に行ってきました

アリスインワンダーランドと同じスタッフが制作しただけあって、細部にわたるキャラのディテールまで、キレイに描かれていました

ワタシ的には、当たりデシタ

パイカリ4の役者が出てきたり、もののけ姫のパクリ!?と思われるシーン有りで、それも楽しめます

白雪姫のストーリーを知ってても知らなくても、十分に楽しめる作品だと思います(アリスも然り)

ファンタジー系が苦手な方も、毛嫌いせずに見てみると楽しいですよ

アリスもこの作品も、「ふん!こんなのタダのおとぎ話やんけ」という心の持ち主さんには、評価低いかも

この作品は女性の方がウケる気がします

美への恐ろしいまでの執着心と、美しいものへの異常なまでの嫉妬心

継母の女王役シャーリーズセロンの、繰り返される美と老いの描写 

若く美しい女の息吹を吸い込むと若返る女王

それにしてもS・セロン様キレイでしたわ

ちょい老けキレイ顔とシワなしキレイ顔が入れ替わり出てくるのですが、どっちが本人に近いのか!?

それにしてもメイクとCG技術 恐るべし!

白雪姫のクリスティン・スチュワートも見慣れていくうちにキレイに

(アリスの時の主役も段々キレイに見えてきた記憶が・・あれって、メイクでそういう風に見えるようしてるのかしら!?)

7人の小人も最初8人いたという設定に・・・

原作とは違う結末

グリム童話の原作って、かなり残酷でエロティックです

とても子供に読み聞かせれる話ではありません

文庫<大人のグリム童話>も面白いです

私も今日から「鏡よ鏡 この世で一番美しいのは誰?」って聞いてみようかしら~

|

« パプリカだぜい | トップページ | July »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

女王が綺麗!若さと老いの落差より すまし顔と怒りまくった顔の落差に感嘆!日本人の女はああわいかない!どっちがいいかは別。

投稿: RIN | 2012年6月26日 (火) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鏡・りんご・小人といえば:

« パプリカだぜい | トップページ | July »