« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の記事

初ジャパ買い!?

とうとう!生まれてはじめて!遂に!

「ジャパネットたかた」で買い物をしました

1時間の生放送テレビショッピング

何を買ったかって?

「一眼レフデジタルカメラ」(オリンパス)です

カメラが壊れて一年あまり スマホのカメラで凌いでましたが、水族館や動物園など、動くものを撮るのってムズカシイ~

そんな時 テレビから あのキンキン声の高田社長が「なんと1秒間に30コマ連写!」「動画もハイビジョン!」と魅力的な言葉がポンポン!

大きさも女性でも楽にもてる小型。で、しっかり36倍ズーム

でも一眼レフだし高いんだろうなあ~~と思っていると

「今回!生放送特典 4GBのメモリーカード2枚おつけして、19800円!でご提供します!」

えーーーっ!イチキュッパ?マジ?

買った!

てわけで3日後 手元に届いた一眼レフ

いや~~スンバラシイ 編集機能も充実!(プリクラばりの修正)

オリンパス社も例の事件で色々有り、薄利多売したのかも!?

これで混んでるとこでも、遠くからバッチリ撮れるもんね~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみや生活したら・・・

今日のおみやは、神戸、大阪日帰り旅行に行ってきたお客様のM子ちゃんから

一か月1万生活に対抗して、一か月おみや生活してみようかしらん

量的には不自由ないと思いますが、お菓子とフルーツと野菜が殆ど

かなり偏った食生活になりそう~~~

掲載してませんが、スタッフのお土産、フルーツ、野菜ももりだくさんデス

ホント 皆様に感謝!

Dsc_0010_800x675

| | コメント (1) | トラックバック (0)

喜界島から

先日 喜界島からお客様がお見えになりました

どこにあるかって?

鹿児島県 奄美大島のちょっと隣 人口約8000人の島です

鹿児島空港から飛行機で1時間15分  フェリーだと11時間

はるばる金沢までいらしたのは、東京で大学時代を共にした友人と44年ぶりの再会を図るためだそうです

この方は、喜界島にある唯一の高校で、30年間野球部の監督をされていたそうです

教員ではなく、他の仕事をもちながら、ずっと無報酬で指導をされ、高校野球界では、小さな島からプロ野球に二人も選手を輩出した名伯楽として知られているそうです

高校野球では、本土に強豪鹿実がいるので、甲子園の土は踏めなかったようです

話をしていても、瞳や雰囲気に澱みがなく、とても人柄のステキな方でした

以前 波照間島(日本最南端の有人島 人口約550人)からいらして下さった方に次ぐ、遠い島からのお客様でした

縁あって、ウチにご来店下さり嬉しく思っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3つの顔をもつ仕事

上質ホステスは、

女優であり、お笑い芸人であり、聞き上手のカウンセラー

この3つを満たして一人前

以下に該当するホステスは残念

・ハヒフヘホ(ハアとかヘ~とかホオ~)の聞いてる(ふり)だけ

・笑いや下ネタ話が大半のネタだけのピエロ

・キレイなだけで、中身のない客寄せパンダ

・体当たり型(お色気攻撃)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心地よさ世話人

ホステス

一般的には、水商売に従事している女性をさします

スチュワーデスがキャビンアテンダントに名前を変えたように、ケーキ職人がパティシエとか呼ばれるようにこの仕事にも、も少しイイ名前ないんですかねえ

そういえば、キャバクラだけはキャバ嬢と周知されてますね

何か、昔はホステスというと、生活苦で仕方なしに始め、日陰の身(愛人、二号、妾)だの、バックにやくざがいるだの、どうも良くないイメージがあり、まっとうな職業扱いされていなかったような気がします

遊郭から赤線までの時代 女郎や娼婦から、飲み屋系に転職!?した女性が多くいたため、酌婦は下等な仕事と思われていたような気がします

今でも、水商売への偏見を持ってる人はいると思います

たしかに、同業から見ても、こんなホステスがいるから、下に見られたりするんだろうと思うことがあります

かなり雲泥の差がある仕事ではあります

で、本題に戻って・・・

なんかイイ名前ないですかねえ

コンフォータブル アテンダー!?

長いなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜もオモシロイ~

ナイトZOOへ行って来ました~

ウチの店の向かい キャバクラZOOじゃありませんよ~(笑)

多くの人で賑わっていました

夜行性動物(トラとか)の、餌やりタイムスケジュールに合わせて移動~

トラの食事は、肉の塊をワイヤーにつけ中へ入れるのですが、ガブっ!って感じではなく、かなりゆっくりでした

「またコレか・・・」っていうような顔してました

夏バテで食欲不振か、運動不足!?

淡水魚の餌やりでは、自分のカラダに不相応な餌を取ってしまい、(たぶん鯉や雷魚にあげた餌を、ちんこい魚がくわえてしまった感じ)食べあぐね、口にくわえたままずっと泳いでたのが笑えました

動きが地味なのは、<パカ>ネズミとうりぼう(イノシシの子)のハーフみたい模様の動物

餌をやる時以外は、ぜ~~んぜん動きません

サービス精神に欠ける動物デス(笑)

ライチョウの脚が短くてフサフサなのは意外でした

鳥の脚っぽくなくてカワイイ

コビトカバ(世界三大珍獣の1つ ジャイアントパンダとオカピ)は、先代の、亡きカバばあちゃんと種類も違い、若いせいか動きも活発で、よく走り回ってました

カバってなかなか俊敏!

チンパンジーのイチローくんは45歳(人間だと80歳)、日本で3番目のご長寿だそうです

今は、26歳の嫁メロンとラブラブ中~一児のパパです

見た目は、どっかのオッサンです

夜の動物園も、なかなか面白いデスよ

Dsc_0015_800x554
動かないカピパラ

Dsc_0011_746x800_3


実物は、超デカく、かなりの迫力! 

Dsc_0023_800x580
欲ばりすぎた 食べるの一苦労してました

Dsc_0032_789x800_3
脚がカワうい~雷鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の田の~~

嵐山にある<時雨殿>へ

小倉百人一首の館のようなものです

以前は任天堂が経営していて、百人一首対戦など、面白かったらしいのですが、経営譲渡した今は、句の展示とかだけで退屈なつくりになっていました

この日の気温37℃ 

歩き疲れて足が棒になっていた時に、履物を脱いでの観覧と涼しさと人がいないことが、唯一のポイントでした

長イスで、ずっと横になってた家族もいました

百人一首の館だけど、オモロ顔のお面があったのでパシャリ

Dsc_0547_657x800


フムッ!?

Dsc_0548_635x800


ふぉっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブフッ!

数十年ぶりに太秦映画村へ行って来ました

ショータイムが充実していて楽しめました

時代劇からアニメ、戦隊系を網羅

寺子屋では、昔の貨幣の値段や刀のうんちく、などなど かなり勉強になり、ヘえ~の連続

今回の京都では、ここが一番オモシロかったかも

笑える画像をお楽しみ下さい

Dsc_0560_800x600


鼻からキューリ

Dsc_0565_800x374


売れない女郎

Img002_608x800


自分で爆笑 花魁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新食感つけめん

旅の楽しみの半分以上?は食べ物なワタシ

朝食以外、チェーン展開の店には入りません

数年前まで、美味しそうな店の探しかたは、歩いて店の外観で判断するか、情報誌を参考にしてましたが、ハズレることもしばしば

私の動物的カンも、競馬予想と同じくらいアタリハズレあり

今は<食べログ>の口コミをしっかり読んで、検討

点数だけで判断すると、ガッカリするとこも多いので、やっぱり色んな人の口コミをよ~~く読むのがいいと思います

チェックポイントは、更新日が新しい、口コミ回数の多い人、総合点ではなく料理の点数

今回行った<つけめん すがり>は、金沢にはない味のつけめんでした

麺も、もしかして蕎麦?と思うような感じです(ラーメンです)

場所も店構えもかなりややこしく、スマホナビとかないと辿り着くのが大変かも

店は京都ならではの、ウナギの寝床風 町家

玄関に入っても誰もいず、券売機が見えたので、そこまでトコトコ

はて、券売機のあとはどこへ行けばいいのかしらん?

丁度 次の人が来たので、その人に聞き前進

いや~~わかりずらい

まあ詳しくは<食べログ>で皆さんが詳細を記してるので、それをご参考に

京都へ行ったら、もう一度行ってみたい店です

豚骨、背油ガッツリ系が好きな人には、う~~んどうですかねえー

Dsc_0543_800x600
 

私が選んだのは和牛つけ麺

Dsc_0545_600x800


玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグマ塩

とある居酒屋で食べた<和牛ステーキの野菜ソースかけ マグマの塩付き>

 

マグマの塩ってもしかして・・・・

 

舐めてみると・・イオウでした

 

ムトー(六一〇)ハップを思い出す~(今はこの会社がないので、商品もありませんが)

 

3億8千万年前 ヒマラヤ山脈誕生の際に、海がマグマ火山で焼かれ岩塩になったものだそうです

初めての経験 硫黄味のお塩

最初ちょっと驚きますが、付け合せの野菜にはイイかも

Dsc_0550_800x600

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独創性豊かなイタリアン

京都イタリアン

町家をモダン改装した、明るくスッキリした店内

ここの料理は、斬新

金沢では殆どのイタリアンを食べ歩きましたが、ここの前菜は食べたことのないものばかりでした(覚えてないのが情けないですが)

今回の旅で共通していたのは、どのジャンルの店でも、万願寺とうがらしか九条ネギが供されていることでした

魚介の新鮮サラダやアミューズに水ナスが使われるのも京都っぽい(ただ、漬けてない生の水なすは、普通の生のナスの味でした)

残念だったのは、三元豚ならぬ四元豚(4種類の品種を掛け合わす)のグリル

別名シルキーポークと言って、かなりプレミアムな豚らしいのですが、これがジューシー感なしのパサパサ

全然シルキーじゃな~~い

雰囲気も料理もイイとは思うのですが、シェフが料理を研究、懲りすぎた感があり、一般的にウケるかというと なかなかビミューなとこです

個人的には また行ってみたい店でしたけど

Dsc_0506_800x628
新鮮魚介のサラダ 緑のアボガドに見えるのが水ナス

柑橘系のドレッシング

Dsc_0509_800x600_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さにヘタるペンギン

今夏も、クソ暑いのをわかっていながら、京都へ行って来ました

近い 見どころ多しなので、年に何度か・・・

今日は新しく出来た京都水族館へ、盆休みということもあり大混雑

内容は想像どおり、大したことありませんでした

海遊館と同レベルな感じ

キレイなだけで、魚の種類も説明も あまりありません

山椒とオオサンショウウオのニオイの違いというBOXがあり、ニオイを嗅ぎ比べるコーナーがあったのですが、木の山椒(ウナギとかにかけるやつ)と、魚のサンショウウオが同じニオイ!!

のわけはなく、全く違うニオイです そりゃそーでしょー

なぜ あの比較があるのかわかりませんが、京都人は、七味や一味のように、よく山椒をかけるそうなので、それであの比較があったのかも・・・と勝手に推測

 

見せる、魅せる!水族館は、色んなパフォーマンスがあります アシカやイルカショーはもちろん、餌付け、お散歩タイム、など

京都水族館の今後に期待しませう~~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酢のチカラ

こう暑いと食欲減退気味の方も多いのでは・・?

強靭な胃腸の持ち主なワタシは、まず食欲不振ということがありません(単に食欲が人一倍強いだけ!?)

あるお客様の会社は、お酢を製造販売されてるんですが、人間用の他に、牛や馬の食欲不振解消に、草に混ぜる酢も作っているんだとか

牛や馬も草に酢をかけると 喉の通りがいいのか、よく食べるようになるそうです

以前は芝の成長をよくする為 ゴルフ場の芝に散布する酢もあったんだとか

酢ってこんなとこにも使われてるんですね~~~

私も大いに酢を摂って、アミノ酸吸収しなきゃ!

苦みばしった男に対抗して、酸味がかった女はどうでしょう~?

どんな女やねん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこ スバラシイ!

夕べは、女子サッカー準決勝に歓喜感動してました

思わず涙ぐんでました

耐えに耐えたゲーム

ホントの<死守>とか<死闘>とは、こういうことを言うんだと思います

今回のオリンピックで、今のとこ一番感動した試合でした

今宵は男子!打倒メキシコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいうぉんちゅ~~

大阪のお土産に<AKB48>のお菓子を頂きました

ファンや若い人には喜ばれるかも・・・

私はパッケージを見ただけで十分でございました

Dsc_0003_2_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸おみや

東京土産に頂いた<白らら オムレット>とロールケーキ

Dsc_1629_800x600

Dsc_1631_800x600


| | コメント (0) | トラックバック (0)

浴衣デー その2

画像で手抜き

浴衣デー二日目 今宵は花火を眺めつつ、オリンピックにも目をやり、お客様もスタッフも、目の忙しい日デシタ

Dsc_0005_800x600

Dsc_0008_800x790_2

Dsc_0020_800x700

Dsc_0019_790x800_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浴衣デーその1

夏の風物詩 浴衣にございます

Dsc_1641_800x481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »