« 暑さにヘタるペンギン | トップページ | マグマ塩 »

独創性豊かなイタリアン

京都イタリアン

町家をモダン改装した、明るくスッキリした店内

ここの料理は、斬新

金沢では殆どのイタリアンを食べ歩きましたが、ここの前菜は食べたことのないものばかりでした(覚えてないのが情けないですが)

今回の旅で共通していたのは、どのジャンルの店でも、万願寺とうがらしか九条ネギが供されていることでした

魚介の新鮮サラダやアミューズに水ナスが使われるのも京都っぽい(ただ、漬けてない生の水なすは、普通の生のナスの味でした)

残念だったのは、三元豚ならぬ四元豚(4種類の品種を掛け合わす)のグリル

別名シルキーポークと言って、かなりプレミアムな豚らしいのですが、これがジューシー感なしのパサパサ

全然シルキーじゃな~~い

雰囲気も料理もイイとは思うのですが、シェフが料理を研究、懲りすぎた感があり、一般的にウケるかというと なかなかビミューなとこです

個人的には また行ってみたい店でしたけど

Dsc_0506_800x628
新鮮魚介のサラダ 緑のアボガドに見えるのが水ナス

柑橘系のドレッシング

Dsc_0509_800x600_2

|

« 暑さにヘタるペンギン | トップページ | マグマ塩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独創性豊かなイタリアン:

« 暑さにヘタるペンギン | トップページ | マグマ塩 »