« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の記事

ふ〜〜ん

カンガルーのメスの性器って、入口はひとつだけど、奥へ行くと二つに分かれてて、オスも、それに合わせて⁉︎先端がY字になってるそうな
分かれてる理由は何なんでしょー

ゾウガメのHは後面衝突
なんかゴンゴン 音がしそう(笑)

動物の生殖器や性行為って、結構オモシロイ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず登録完了

東京オリンピック チケット抽選の為、早速ID登録しました

昨年あたりから、周りの人々に「絶対 東京オリンピックの開会式を観る!」といい触れまわり、コネでも何でもいいから、ツテがあったらお願いします!とお願いを

日本で開催の夏季オリンピックを観れるのは、年齢的にコレが最後だと思うので


開会式のA席30万円
最安値はE席12000円

さすがに30万円は手が出ませんが、C席の107000円なら、奮発して何とか…

是が非でも当てたい!!

大河ドラマ「イダテン」も、イイ意味で裏切られメチャ面白い

オリムピックーー(笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

気ぃつけなはれ

とうとう私にもキターーー

ショートメールに以下のメールが





開くと佐川急便のウェブサイトそっくりの画面が…

AppleのIDやらPWを入力下さいって、表示が


こりゃ騙される人 続出もわかる気が…






| | コメント (0) | トラックバック (0)

杓子定規

僧侶が、 僧衣で運転したら、服装違反で反則切符を切られ、僧侶が不服として反則金を支払わなかった事件

福井県警は違反認定できず、書類送検できなかった

この件で、服装違反で青切符があることを知った

袖がシフトレバーに引っかかる、裾幅が狭いとブレーキ操作が遅れるというのが理由だそうな

こんなことで取り締まっていたら、着物もダメなのでは?

違反切符獲得に躍起なのか、カッチカチな頭なのか、こんなことで切符切るのはどうなんだろー

「決まりですから!」

この言葉を、スグ印籠のようにかざす人いますが、もう少し柔軟に対応してもいいんじゃないでしょうか

助さん格さんだって、ここぞという時にしか、出しませんよー(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオサコミナミ!?

全豪オープン女子シングルス決勝

リアルタイムは勤務中で観れず、帰宅後 夜中に録画観戦

結果を知って見ていてもハラハラ

リアルタイムだったらカラダに悪かったかも

それにしても、大坂なおみが、私の頭の中では、なぜか「オオサコミナミ」に変換されてしまいます

ナンデダロー

大坂なおみ選手 素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々是感謝

今年は雪なしbirthdayでした

誕生日は、歳ではなく生まれた日を祝うんだよってスタッフに言ったら「名言ですね」って

ぜーんぜん名言じゃないですけどね(笑)

今年も皆様に感謝デス










| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎ならマンション建てれる

豊洲市場での、大間のマグロの初競り

今年はなんと、約3億3000万円

1kgあたり120万だそうです

最低値の年は451万円

競い合うと、意地でも落としたくなるんですかねえ
すしざんまいの社長も、今回は やりすぎた、銀行から借入れしなきゃとジョークを

競り負けした相手は、正直ホッとしたとコメント

石川県では、昨年 のとてまり(高級椎茸)6個入り 一箱20万円
ルビーロマン(高級ぶどう)一房 110万円


アホみたいと思うか、スゴーいと思うかは人それぞれ

阿藤快さんが あの世で「なんだかなあー」と言ってる気がします(笑)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年3日

今日は、新年初整骨院(何でもを付けたがるワタシ)

負傷して8ヶ月が経過

「2月初め頃には治りますよ」との言葉を信じ、日々リハビリ

歳とると 治りがねえ(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年34時間

『食うては寝 寝ては食うてで、即ポチャリ』

朝寝 朝酒(昼寝 夜酒は、ほぼ毎日ですが(笑))はしませんが、新年は、ゆっくり朝風呂

あ〜〜正月っていいなあー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成ラスト新春

2019年の始まりです

去年の念頭目標は、早々に挫折

今年は目標も掲げず、ゆるっとスタート

今年も変わらぬご愛顧を。 テヘッ

イヌからイノシシ(くまプーイノシシですが)へバトンタッチ

バトンは新聞紙〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »